Topics

  • 2019年度 入試概要
  • ランチdeミート 2018年10月8日(月・祝)
  • 公開講座 空海学
  • 公開講座 空海学
  • 資料請求
  • ひとり親世帯等の学生に対する就学支援制度
  • 返還不要の奨学金
  • いつでもキャンパス見学
  • 受験資格W取得可能
  • 種智院LINE
  • 聴講生・科目等履修生
  • スタディツアー 東インド
  • 社会人入試・編入学試験
  • 臨床密教センター養成講座
  • 御修法濫觴之事并紫震殿道場図の販売について
  • 学部学科情報詳細へ
  • 仏教学科
  • 社会福祉学科

シュチログ topics

「shuchi-log(シュチログ)」は、種智院大学入試担当者による広報ブログ。大学の日常をお伝えします。

  • 2018- 9- 7

    9月のオープンキャンパス実施しました!こんにちは。9月に入って暑さが落ち着きましたね。 種智院大学では9月2日にオープンキャンパスを実施しました。当日はさわやかな一日で絶好のオープンキャンパス日和。たくさんの方が参加してくれました(^ ^) こちらは受付学生スタッフや職員がお迎えします。 近棟先生によるアイスブレイク(緊張を解きほぐすゲーム)で参加者、学生スタッフの初対面のドキドキをほぐします。 キャンパスツアーへは全員で参加します。 社会福祉学科希望の生徒さんは、本学の仏教・宗教関係の要素にびっくりしていました。 3階廊下からマンダラ広場を見下ろします。 昼食には各学科に分かれて体験授業を受講します。 仏教学科では児玉先生による梵字悉曇と中村先生による仏画制作です。 社会福祉学科では、『フクシのナカミ』と題して社会福祉学科の資格取得に必須の配属実習を終えた学生と実習指導担当の近棟先生、正井先生による鼎談を行いました。 社会福祉士や精神保健福祉士の資格取得のためには必ず約1ヶ月の配属実習にいかなければなりません。 配属実習の前には担当の教員と面談を重ねます。ここでは自己覚知を意識して進めます。 自己覚知とは自分のことを知ることです。 当日、正井先生がお話しされていましたが、自分のことを知らない人は「自分が良い」と思ったことを利用者さんにしてしまいがちだそうです。福祉の実践の場では利用者のニーズを正確に把握して応えることが必要なので自分のことを理解してない人はいつまでたってもミスマッチなサービスをしてしまうということです。 高校生の皆さんは福祉の勉強をまだしていないので難しく感じるかもしれませんが、大学生になって基礎から少しずつ積み上げていけば、しっかり実習に望むことができますよ。 種智院大学は少人数の大学なので、入学時から教員やセンパイ、同期生たちとゆっくり人間関係をはぐくんでいけるので、今自信がなくても大丈夫ですよ。 配属実習では教員が実習巡回として週に一度は学生の様子を伺いに行くのでそのあたりも安心ですね。 今年のオープンキャンパスはすべて終了しましたが、キャンパス見学を受け付けています。 ご希望の日に入試スタッフが入試や学生生活の相談、キャンパス見学をおこないます。 事前申し込みが必要ですので、下の連絡先からお申し込みください。 キャンパス見学のお申し込み Tel 075-604-5600

  • 2018- 8- 10

    8月オープンキャンパス実施しました!夏の終わりが近づいてますね!たぶん。 8月5日にオープンキャンパスを実施しました(^^) 当日は朝から暑く、だれか熱中症になるんじゃないかと大量の塩飴を手に冷や冷やしていましたが、参加者もスタッフも無事に終えることができました。 そんな模様を写真でどばっと。   参加者の皆さんと緊張をほぐすアイスブレイクのゲームを行いました。 緊張してると頭に入ってこないですからね。   在学生によるキャンパスツアー。今回のスタッフは全員2年次生。大学の使い方にも慣れてきた学生ですのでよい説明、案内をしてくれました(^^) 西先生の研究室にもお邪魔しました。4月着任の先生のお部屋はまだ綺麗ですね(^^) お隣の左右田先生の研究室は本があふれて大変なことになっています。 これはキャンパス見学した人だけが知る本学のシークレットキャンパスです。     ツアーが終われば学生食堂にて一斉に食事です。ここで、参加者からの質問に学生たちが答えます。やっぱり学生生活については学生に聞くのが一番ですね。     午後からは、社会福祉学科の公開授業、「フクシのナカミ」に参加します。 今回は「仕事のナカミ」と題して本学を卒業して福祉現場で働き続けるOB・OGを招き、それぞれの職場でどんな仕事をしているのか、やりがいやしんどいこと、克服方法、お給料のことなどざっくばらんにお話ししていただきました。 今回のゲストはみんな学生時代オープンキャンパスに協力していただいた人たちばかり。 みんなしっかり成長しててうれしかったです。 福祉と一口で言ってもその職種は様々。障害者支援施設、デイサービス、就労継続支援B型、支援の仕方はそれぞれ。施設の中でも様々な働き方があります。 大学の4年間で自分の適性をしっかり見極めながら、就職先を見つけていきます。 その良いモデルとして今回のゲストたちは高校生の皆さんにとてもわかりやすくお話ししてくれました。   こちらは仏教学科の体験授業「密教瞑想」。瞑想することで自分と仏様の世界を一つにする体験です。みんな真剣に取り組んでいました。 大学ウェブサイトでご案内しているとおり、本学は下記の期間窓口業務を受け付けることができませんのでご了承ください。 夏期休暇期間 2018年8月11日(土)~8月19日(日) また、キャンパス見学、AO入試のエントリーもこの期間受け付けることができません。 再会は8月20日(月)からです。 資料請求も20日から随時発送していきます。 次回のオープンキャンパスは9月2日! まだの方もリピーターの方もいらっしゃい! 本学の良さは来ないとわからない!ありきたりだけどやっぱりそうなんです。 気になっている方はぜひお越しください(^^) ◇オープンキャンパスAO入試資料請求

  • 2018- 8- 2

    パッキャラマド最近、頭のなかで「オゥパッキャラマド、パッキャラマド」が流れてきて、パッキャラマドってなんだっけ。と調べてみると童謡「クラリネットこわしちゃった」の歌詞だったんですね。で、スキャット的なものだと思っていたパッキャラマドですが、「一歩一歩だ友よ(意訳)」とのこと。けっこう大切なことを歌っていたんですね。 何事も一歩一歩ですよね。近道がないかと探している暇があれば、目の前の道を一歩一歩着実に歩むことのほうが大切だと。 最低でも月一更新と思って再開したブログも気づけば七月更新なし。決して暑さにだれていたわけでも、なにもイベントがなかったわけでもなかったのですが、、、 さて、この間大学では学生たちが色々なイベントを企画し賑やかだったのでダイジェストでドドドっと。 まずは書道部がおこなったライブパフォマンスを。  
     

    春から少しずつ準備し、卒業生たちの支援も仰ぎつつ行われたパフォーマンス。驚いたのは書道部はこんなに人数がいたのか。と。 パフォーマンスの動画は本学instagramで公開していますのでそちらもぜひ。 続いて、スダン先生主催で降誕会の打ち上げが行われました。もはや伝説となっているスダンカレー。
    先生の故郷ネパール風のカレーをみんなで作りました(^^)にんにくと生姜の効いたカレーにサフランライス、チャイにラッシーとどれも美味しかったです。 カレーが終われば前日の思いつきで決まった流しそうめんに移動です。後半みんなグロッキーでしたが猛暑が続くなかで一時の涼を味わえました(^^) それからそれから、6月の大阪北部震災、7月の中四国を中心に大きな被害が出た西日本豪雨の物故者追悼、早期復興を祈願した法要が行われました。出仕した学生の中には中四国出身の学生も多く、一日も早く平穏な日常が取り戻せるようお祈りしました。 それからそれから。 寺院を巡る会 第20弾として京都山科にある真言宗の大本山、隨心院と勧修寺へ拝観してきました。 どちらも種智院大学と縁の深いお寺なので普段は拝観できないところまでじっくり案内していただきました。(^^) 次回は10月を予定しています。    最後は、浴衣デー。 祇園祭に感化された学生が企画しました。 着てきた学生は食堂でアイスをサービス。みんな思いおもいの浴衣でキャラクターが出てました(^ ^) 大学スタッフも見た目涼しくさせていただきました。 ふぅ~(´д`ι) 最近、学生たちの行動力レベルが少し上がったように感じます。 大学生活は受け身でいる限りあんまり楽しくありません。 これ面白いかも。楽しいかも。と思いついたら即実行が大学を楽しむための必須条件です。 いきなり大きなイベントはハードルが高いですが、思いつきの小さなイベントを一つずつ達成していくと大きなことができるようになります。パッキャラマドです。 さて、こんな楽しいこといっぱいの種智院大学を体験できるオープンキャンパスは8月5日開催です。 10時30分受付スタート、11時オープニングです。 仏教学科では、梵字、仏画、密教瞑想の体験コーナー。 社会福祉学科では福祉施設で働き続ける卒業生をゲストに迎え種智院大学を卒業して福祉施設で働くとどうなるのかという、高校生の皆さんの5年後10年後の姿を見ることができる座談会を行います。 もちろん、AO入試、学生生活の相談も受け付けています。 当日も暑~~い一日になると思います。学内冷えておりますので是非ご参加ください。 ご家族、友人との参加も可能です。駐車場も無料で利用できますよ。 オープンキャンパスの詳細は下のリンクからご確認ください。 ◇オープンキャンパス

  • 2018- 6- 23

    オープンキャンパスを実施しましたよ!先日行われたオープンキャンパスを写真でご紹介。 雨が降るかな~降らないかな~の曇天で始まったオープンキャンパス。 10時30分の受付に合わせて京都を中心にあちこちの地域から沢山の方が参加されました。 ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。わからないことがあればいつでも本学に質問してくださいね。 18060oc_015.jpg"  オープニングでは、参加者と学生スタッフがグループに分かれてアイスブレイクです。 緊張しているとお話が耳に入ってきませんし、じっくり観察することもできませんよね。 みんなで知恵を出し合い緊張をほぐしていきます。 18060oc_015.jpg" 18060oc_015.jpg" キャンパスツアーでは、今年着任された西弥生先生の研究室を見学させていただきました。 大学の先生は学生に講義をする「教育」と自身が進める「研究」をしています。先生たちの研究室には専門分野の本、資料などがみっちり詰まっています。 西先生は4月に来られたばかりなので、まだ本棚はきれいですが、隣のお部屋の左右田先生の研究室は本に埋もれています(^^) 先生ごとの個室なので性格が現れています。。キャンパス見学の際はそのへんも楽しんでください。 18060oc_015.jpg" ツアー後は学食体験です。 本学の学食は地域の農家から直接お野菜を仕入れている地産地消。 新鮮な野菜で作られるランチはご近所でも評判で、普段は地域の方たちや近くの学校の先生たちも食べに来られます。 18060oc_015.jpg" 18060oc_015.jpg" お昼からは志望分野に分かれて学科ガイダンスと模擬授業の体験です。 社会福祉学科では「フクシのナカミ~社会福祉士のナカミ~」と題して、なかなか高校生には馴染みのない社会福祉士がどんな目的を持って利用者と関わっているのか、どんな仕事をしているのかを近棟先生、正井先生たちとグループワークをしながら理解していきました。 次回8月5日のオープンキャンパスでは「仕事のナカミ」をテーマに福祉施設で働く卒業生を招き福祉現場での働き方などをお話していただきます。 高校生のみなさんが5年後、6年後の自分をイメージできる公開授業です。 18060oc_015.jpg" 18060oc_015.jpg" 仏教学科では学科ガイダンス後、人気講義の体験を行いました。 真言宗に伝わる梵字、仏画や密教瞑想を専門の先生から直接教わります。 この3つが一日で体験できるのは本学ならでは。 仏教や密教に興味のある方はぜひ! 次回の開催は8月5日(日)です。 受付は10時30分から。予約不要、お車での来場も可能です。 わからないことがあれば、お問い合わせフォームからご連絡ください。 18060oc_015.jpg" ではでは、皆様のお越しをお待ちしてま~す(^^)/ ◇お問い合わせフォームオープンキャンパス詳細

  • 2018- 5- 26

    6/10はオープンキャンパスですよ~(^^)/ 先日、学内に迷い込んだ亀を助けたので、恩返しを待ち続けている入試担当です。 あれから3日。音沙汰無しです。 相方の入試スタッフからは「外来種なので文化が違うんじゃないですか。」とにべもないことを言われました。 oc170806_001.JPG さて、夏日の続く京都。6月10日開催のオープンキャンパスが近づいてきました。 大きな大学と比べると本学のオープンキャンパスは賑わいやイベントの規模では見劣りするでしょう。 でもですね、本学のオープンキャンパスは参加された方達にしっかり個別対応できるところがすごいんです。 私が高校生の頃に行ったオープンキャンパスでは大学の規模が大きすぎてキャンパスの外観はわかっても、ここでどんなことを学ぶのか、自分はどんな学生生活を送るのかがさっぱりわかりませんでした。もともと控えめな生活なので、積極的にスタッフを捕まえて質問することもできませんでした。 その点、本学では参加された人たちと学生スタッフ、教職員が公開授業や学食体験の中でコミュニケーションをとる機会をたくさん用意しています。 毎年、参加者は最初は緊張していても、いろいろな体験をしていく中で、お互い冗談を交えながら笑顔でお話しする事ができています。 本学の学生スタッフはお話し好きが多いので、何でも聞いてみてくださいね。 昨年の様子です。 oc170806_001.JPG       オープンキャンパス詳細