資格取得

学生生活

取得できる資格

仏教学科 社会福祉主事(任用資格)
社会福祉学科 社会福祉士国家試験受験資格
精神保健福祉士国家試験受験資格
障害者スポーツ指導員 初級
社会福祉主事(任用資格)

<topic> 国家資格ダブル取得にチャレンジ

社会福祉学科では、社会福祉士・精神保健福祉士国家試験受験資格を同時に取得できるカリキュラムを用意しているので、在学中に二つの国家試験にチャレンジできます。
編入学生もダブル取得が可能です。詳しくは入試担当(075-604-5600)までお問い合わせください。

<topic> 国家資格取得に向けたバックアップ

少人数制のゼミで展開される講義では、受験につながるポイントも含まれており、わからない場合はその場で質問に答えます。さらに、有資格教員による勉強会や模擬テストの実施、頻出問題を一問一答メールとして配信するなど、資格取得に向けて指導します。

資格 資格内容 主な活動
社会福祉士国家試験受験資格 お年寄りや、保護の必要な児童、身体の不自由な人の相談を受けて、援助を行う「社会福祉士」。地域社会や福祉施設と一体になって、日常生活が困難な人の福祉に関する相談に応じ、適切な助言、指導を行います。国家資格である社会福祉士になるためには、国家試験を受け、これに合格する必要があります。 社会福祉協議会・地域包括支援センター・障害者福祉施設・児童養護施設、介護老人福祉施設・婦人保護施設・児童相談所・福祉事務所 など
精神保健福祉士
国家試験受験資格
精神障害者の抱える生活問題や社会問題の解決のための援助や、社会参加に向けての支援活動を通して、その人らしいライフスタイルの獲得を目指します。 ストレス社会の現代、医療や保健、そして福祉にまたがる精神保健福祉士の役割は、ますます重要になってきています。国家資格である精神保健福祉士になるためには、 国家試験を受け、これに合格する必要があります。 精神科病院・精神保健福祉センター・社会福祉協議会・地域生活支援センター など
障害者スポーツ指導員 初級 障害のある人が積極的にスポーツを楽しみ、より充実した生活を送れるようにサポートする資格です。指導員は障害者を対象としたスポーツイベントやスポーツ教室などで活躍。 本学で所定単位を修得し卒業すれば、財団法人日本障害者スポーツ協会より、資格認定されます。 障害者スポーツ大会のイベント・障害者スポーツ協会主催の教室・パラリンピックなどの大会での介助やボランティア
社会福祉主事(任用資格) 「任用資格」とは、それぞれの資格に指定されている科目を大学で履修・単位修得した上で卒業していれば、特に試験等を受験しなくても資格取得者として認められ、 主に公的機関の職員として働く場合に必要な資格です。 -