公的研究費等の運営・管理について

卒業生・一般

公的研究費等の運営・管理について

種智院大学は、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日付文部科学大臣決定)を踏まえ、「種智院大学における研究活動に係る行動規範」を定め、 「種智院大学公的研究費等運営・管理規程」及び「種智院大学における研究活動の不正行為への対応に関する規程」を制定しました。

さらに本学内外から公的研究費等に係る研究活動の不正行為及び研究費の不正使用の通報(告発)窓口を、学校法人 綜藝種智院法人事務室総務課に設置いたしましたのでお知らせします。

公的研究費の運営・管理に関わる者の責任と権限の公表について

最高管理責任者 学長 大学全体を統括し、公的研究費等の運営・管理について最終責任を負う者
統括管理責任者 学部長 最高管理責任者を補佐し、公的研究費等の運営・管理について大学全体を統括する実質的な責任と権限を持つ者
コンプライアンス推進責任者 事務長 統括管理責任者の指示の下、公的研究費等の運営・管理に関する対策を実施する者

研究活動における不正行為(研究成果の捏造、改ざん、盗用等)
公的研究費等の不正使用(研究費の私的流用、目的外使用等)の通報(告発)窓口について

通報(告発)窓口

学校法人 綜藝種智院 法人事務室
〒612-8156 京都市伏見区向島西定請70番地
Tel:075-604-5600(代)  Fax:075-604-5610

電話による受付は、平日9:00~17:00です。

通報(告発)に係る留意事項

告発を受け付ける際には、通報(告発)者の氏名・連絡先、不正を行ったとする研究者、不正行為及び不正使用の様態、不正の根拠、使用された公的研究費等について確認させていただきます。 また、調査にあたり通報(告発)者に協力を求めることがあります。

なお、調査の結果、悪意に基づく通報(告発)であったことが判明した場合、通報(告発)者の氏名の公表、その他必要な措置を執ることを申し添えます。

また、利害関係者・機関からの懲戒処分、刑事告発等が行われる可能性があることもご承知おきください。